NetFlixドラマ『新聞記者』

あのドラマは安倍晋三こそ出てこないが(声は出てくる)、明らかに森友事件が素材とすぐに分かる。なのに完全「フィクション」と強弁しても誰も納得しない。

何を急いだのか知らないが(たぶん、世間の関心が薄れるのを怖れたか)、まず赤木さんの納得・了解を得てから撮影開始にならなきゃいけなかった。

役者達のポテンシャルMAXの引き込まれるドラマだっただけに、残念な話を知ってしまった感あり。知らないよりぜんぜん良いとはいえ。

その件以外でも、脚本には不満があった。言わずにおこうと思ってたけどこうなったら言おう。

鈴木さんの甥っ子、カンタンに新聞記者になれすぎ!! 政治に関心のない若者という層を代表する役なのに、事件被害者(赤木さんなのだが)の甥だから採用されたかのように見える流れは不自然だ。

それ以上に不満なのは、甥っ子と新聞配達仲間の就活女子が、就活に全滅したにも関わらず、「世の中って何でも起きうる」と、どうでもいい感想を笑顔で述べて故郷に帰ったところ。

あんだけ頑張って就活やバイトして、仕舞いには「世の中って最初から全部(誰が良い会社に就職できるか)決まってるんじゃないかって」と、究極的な愚痴をこぼしたのに、そこは放置されての笑顔。

笑顔の前に、先に新聞社入社を決めた甥っ子が彼女のことを記事にするのだが、そのおかげで一種の自己実現が果たせたかのような満足感すら漂わせていた。

新聞に記事にしてもらったからってそこまで満足しないでしょ。自惚れがすぎませんか。

そういうイライラは残っていたのだった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA