あの夏、いちばん静かな海。

故淀川長治は、この映画について、こう語っている。  『あの夏、いちばん静かな海。』は私の最も愛した名作。あの若者の<男>の顔。あの女の<女>の顔。涙が出そうになったのは<男>が<女>の家の窓の下から石かなにかを<女>のい