チェーン・ポイズン / 本多孝好

今年の正月はとてもいい正月だった。ノンビリと家族と過ごせた。その最大の理由は、家族の中にあったいろいろな誤解や感情の行き違いが解消されて、穏やかな気持ちを取り戻せたから。だから三が日のうちに近所へお参りに行って、帰りに安

ハケンについて、ナカマについて☆part5

☆産経新聞みたいな記事 特集ワイド:この国はどこへ行こうとしているのか  家・    さん(毎日新聞)  翻って、今の日本はどうなのか。「自分の努力が足りない、怠けているのをさておいて、親が悪い、先生が悪い、社会が悪いと

今、家を買うべきか否か

もうかなり以前から家を探している。最近では12月20日に「安定か、身軽さか。」で、新築の家の内覧をしたエピソードを披露した。その時の椎名さんとは、「また安い物件があったらメールします」ってことで別れて、それで終っていた。

ブログ時評☆美しいブログについて考察する

松尾氏のブログは、グダグダに冴えないボヤキと嘆きのオンパレードの時は面白いが、キラキラと輝いて喜びに満ちあふれ生き生きし始めると途端に面白くない。直近の記事がまさにそうで、そりゃ「BSジャパン 美しい男たち!」(毎金)は

風花 / 川上弘美

以前感想を書いた川上弘美の小説は『真鶴』で、約1年前だった。『風花』は川上氏の出版物として『真鶴』の次作で、タイトルが同じく漢字二字であるあたり、大きく志向が変わったのではない印象で、そこらの安心感を抱きつつ読んだ。